写真

 7月7日、北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は、米国と対話するつもりはないと表明し、韓国に対し「他国の問題に干渉するのをやめる」よう求めた。両国首脳、板門店で昨年6月撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ソウル7日ロイター]-北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は7日、米国と対話するつもりはないと表明し、韓国に対し「他国の問題に干渉するのをやめる」よう求めた。北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が局長の声明を伝えた。 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月末、11月の米大統領選挙の前にトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は再び会談すべきだとの見解を示していた。 クォン局長は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング