写真

 10月7日、スウェーデンのストックホルムで開催された非核化を巡る米朝実務者協議が決裂したことを受け、北朝鮮が年末とする協議期限で揺さぶりをかけている。写真は2018年6月、シンガポールで握手をする米国のトランプ大統領と、北朝鮮の金委員長(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ソウル7日ロイター]-スウェーデンのストックホルムで開催された非核化を巡る米朝実務者協議が決裂したことを受け、北朝鮮が年末とする協議期限で揺さぶりをかけている。 北朝鮮外務省の報道官は、米国がアプローチを再考する期限を2019年末と明言。声明が6日国営メディアで報道された。 しかし北朝鮮は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング