写真

 11月8日、米国家安全保障局(NSA)の高官、ロブ・ジョイス氏は、中国が米国とのサイバースパイ対策に関する合意に違反しているとの認識を示した。写真はアーリントンの国家サイバーセキュリティ通信総合センターで6日撮影(2018年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン8日ロイター]-米国家安全保障局(NSA)の高官、ロブ・ジョイス氏は8日、中国が米国とのサイバースパイ対策に関する合意に違反しているとの認識を示した。 2015年に当時のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は、サイバースパイ対策で「相互の理解」に達するとともに、両政府が経済スパイを行なわないことで一致した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング