前場の日経平均は続落、円高と半導体株安が響く

ロイター / 2018年8月10日 11時55分

[東京10日ロイター]-前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比104円06銭安の2万2494円33銭となり続落した。8月限オプションSQ(特別清算指数)算出に伴う波乱がなく、小反発で始まったが、買い材料は乏しく、寄り後まもなく下げに転じた。日米の閣僚級通商協議に対する警戒感が強く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング