写真

 10月10日、セブン&アイ・ホールディングスは国内コンビニで今後1000店舗の閉鎖・移転を実施することなどを含めた事業構造改革を発表した。写真は都内で2016年4月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京10日ロイター]-セブン&アイ・ホールディングスは10日、国内コンビニで今後1000店舗の閉鎖・移転を実施することなどを含めた事業構造改革を発表した。2022年度までに自然減を含めて、そごう・西武1300人、イトーヨーカ堂で1700人の計3000人の削減に踏み切る。 国内コンビニは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング