台湾野球でまた八百長疑惑 日本でも活躍した人気外国人投手に裏の顔、現地メディア「常習犯というウワサ」

夕刊フジ / 2017年11月11日 17時6分

近年は鳴りを潜めていた、台湾プロ野球の八百長問題が再燃しそうだ。台湾誌「壹週刊」電子版は8日、「台湾野球で裏稼業外国人投手に賭博関与疑惑」という衝撃的な記事を投下した。記事では「2009年に八百長事件が炸裂後、台湾の野球選手には厳格な防止策が講じられているが、外国人選手は簡単に接触できる。特に先発投手が暴力団の標的となった」と背景を説明。過去に野球賭博で球界を追放された男が仲介役を務め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング