東芝は半導体事業売却すべきでない 香港のアクティビストが異議

ロイター / 2017年12月11日 18時51分

[東京11日ロイター]-東芝の株主になっている香港のアクティビスト・ファンド(モノ言う株主)が、同社の半導体子会社売却に異議を申し立てた。6000億円の増資により債務超過解消の道筋が付いたとして、収益源の半導体売却を行う必要はなくなったと主張している。増資を引き受けた海外投資家が賛同する可能性がある。 香港に拠点を置くアーガイル・ストリート・マネジメント(ASM)のキン・チャン最高投資責任者(CIO)はロイターの電話取材に対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング