[ジュネーブ11日ロイター]-米国のデニス・シア世界貿易機関(WTO)大使は11日、WTOの会合で、中国の不公平な通商政策の是正はこれ以上先送りできないと主張する一方で、重大問題の多くはWTOの手に余るとの見方を示した。 会合は中国の通商政策の審査のために開催。演説の準備原稿によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング