防衛大綱骨子案、垂直着陸機の保有提唱 「中国は強い懸念」

ロイター / 2018年12月11日 15時22分

[東京11日ロイター]-政府は11日に開かれた「安全保障と防衛力に関する懇談会(座長:日本商工会議所の三村明夫会頭)」で、月内に取りまとめる新しい防衛大綱の骨子案を示した。中国について「国際社会の安全保障上の強い懸念」と名指しした。今後の防衛力強化策として、最新鋭ステルス戦闘機F35Bや空母の導入を念頭に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング