対イラン制裁停止継続、トランプ氏「欠陥修復最後の機会」

ロイター / 2018年1月13日 8時1分

[ワシントン12日ロイター]-トランプ米大統領は12日、核合意に基づく対イラン制裁の停止継続を表明した。 ただ、欧州同盟国や米議会とともに核合意の「ひどい欠陥」を修復する「最後の機会」とし、結果次第では米国が合意から脱退する可能性にも言及した。 120日以内に別の合意で内容を強化することを求め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング