米大使館、モザンビーク北部の米国人に警告 「攻撃受ける恐れ」

ロイター / 2018年6月12日 12時1分

[マプト11日ロイター]-アフリカ南東部モザンビークの米国大使館は、武装勢力の「攻撃を受ける恐れがある」として北東部パルマ地区からの即時退避を検討するよう、駐在する米国人に警告した。 大規模な海上ガス田に近い同地区一帯では5月以降、イスラム過激派とみられるグループの犯行により、のべ17人が殺害されている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング