日経平均は3日ぶり急反発、華為CFO保釈や米中通商協議の懸念後退で一時480円超高

ロイター / 2018年12月12日 15時43分

[東京12日ロイター]-東京株式市場で日経平均は3日ぶりに急反発した。取引開始前にカナダの裁判所が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)の保釈を許可したと伝わり、米中通商協議の先行き懸念が後退。トランプ米大統領の対中協議に関する前向きなコメントも明らかになり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング