ソマリア沖海賊対処など、自衛隊派遣を1年延長=菅官房長官

ロイター / 2019年11月12日 11時20分

[東京12日ロイター]-菅義偉官房長官は12日、閣議後の会見で、ソマリア沖での海上自衛隊による海賊対処活動と、シナイ半島での国連多国籍軍監視団(MFO)への自衛官派遣を、それぞれ1年延長することを決めたと明らかにした。これらの活動はいずれも今月中に期限を迎えることになっていた。 今年4月から初めて実施されたMFO司令部への自衛隊要員派遣は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング