写真

 10月13日、神戸製鋼所がアルミニウムなどの強度データを改ざんしていた問題で、自衛隊の武器にも問題の製品が使われていたことがわかった。写真は神戸製鋼のロゴ、10日都内で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京13日ロイター]-神戸製鋼所がアルミニウムなどの強度データを改ざんしていた問題で、自衛隊の武器にも問題の製品が使われていたことがわかった。 武器を調達している防衛装備庁によると、航空機やミサイル、魚雷などでデータ改ざんされた製品の使用を確認した。調査は継続中で、ほかの武器にも影響が広がる可能性がある。 装備庁幹部は「ただちに運用を停止するような事態ではない」としている。 (久保信博)

トピックスRSS

ランキング