[ワシントン13日ロイター]-ダン・コーツ米国家情報長官は13日、北朝鮮の核開発がもたらす脅威に対し米国が行動を取ることができる時間は残りわずかになりつつあり、決断の時が近づいているとの見解を示した。 コーツ長官は上院情報委員会の公聴会で「対応を巡り決断を下す時に差し掛かっている」と強調。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング