[ワシントン13日ロイター]-トランプ米大統領は13日、原油価格が高過ぎるとの認識を示した。月内の協調減産緩和観測を背景にこの日は価格が下落する中でも、4月に続いて石油輸出国機構(OPEC)批判を展開した。 トランプ氏はツイッターに「原油価格が高過ぎる。またOPECが関与している。良くない」と投稿した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング