写真

 7月11日、中国人民元は、米中貿易摩擦の激化で中国の景気が悪化して資本流出が起きるとの懸念から売られ、6月の下落率が月間で過去最大となった。写真は北京で2011年撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[ロンドン11日ロイター]-中国人民元は、米中貿易摩擦の激化で中国の景気が悪化して資本流出が起きるとの懸念から売られ、6月の下落率が月間で過去最大となった。中国人民銀行(中央銀行)は人民元相場の安定を図るため市場介入に踏み切ったが、トレーダーの多くは効果は一時的とみている。 人民元の秩序だった下落は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング