大企業製造業・業況判断DIゼロ、4四半期連続の悪化=日銀短観

ロイター / 2019年12月13日 9時16分

[東京13日ロイター]-日銀が13日に発表した全国企業短期経済観測調査(日銀短観)によると、大企業・製造業の業況判断指数(DI)は0となり、前回9月調査から5ポイント悪化した。悪化は4四半期連続で、2013年3月調査以来の低水準となった。 日銀幹部は「大企業製造業からは、米中貿易摩擦や海外経済減速の影響が幅広く聞かれた」と説明。大企業非製造業では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング