写真

6月12日、ロシアで独立系ニュースサイト「メドゥーザ」のイワン・ゴルノフ記者が麻薬販売容疑で警察に一時身柄を拘束された問題で、首都モスクワでは警察幹部の処罰を求める抗議行動が行われ、野党指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏を含む500人以上が身柄を拘束された。抗議活動の参加者を取り押さえる警官ら(2019年 ロイター/Shamil Zhumatov)

[モスクワ12日ロイター]-ロシアで独立系ニュースサイト「メドゥーザ」のイワン・ゴルノフ記者が麻薬販売容疑で警察に一時身柄を拘束された問題で、首都モスクワでは警察幹部の処罰を求める抗議行動が行われ、野党指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏を含む500人以上が身柄を拘束された。 モスクワ中心部では1000人余りが「ロシアに自由を」、「プーチンはいらない」などと叫びながら行進。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング