「迷っている」清宮、膨らむプロへの思いと進学のレールの狭間で…身近な同年代の“宣言”が刺激に

夕刊フジ / 2017年9月14日 17時6分

野球U-18W杯(カナダ・オンタリオ州サンダーベイ)で3位となった高校日本代表が12日、羽田着の航空機で帰国。同大会で2本塁打を放ち、歴代最多の高校通算本塁打を111本まで伸ばした清宮幸太郎内野手(早実3年)は、注目される自身の進路について「大学進学か、プロかで迷っています」と明かした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング