阪神・藤浪“右打者恐怖症”付ける薬はあるか 死球きっかけ、一気に崩れるパターン繰り返し

夕刊フジ / 2017年9月14日 17時6分

「(坂本に)ぶつけてから腕が振れなくなった。そこまではいいけどね…」阪神は12日の巨人戦(甲子園)で引き分け、残り15試合で71勝55敗2分け。和田監督時代の2014年以来3年ぶりのシーズン勝ち越しが決まったが、金本知憲監督(49)の試合後の表情は険しかった。期待を込めて先発させた阪神・藤浪晋太郎投手(23)がわずか3回1/3、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング