写真

<description role="descRole:caption"> 1月13日、国連のドゥジャリク報道官は、レバノンが未払いだった分担金を支払い、総会での投票権を完全に回復したと明らかにした。写真は国連のエンブレム。ニューヨークで2017年9月撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson) </description>

[国連13日ロイター]-国連のドゥジャリク報道官は13日、レバノンが未払いだった分担金を支払い、総会での投票権を完全に回復したと明らかにした。 国連の規則では、加盟国が分担金を2年分滞納した場合、支払い能力がないことを証明する合理的な根拠を示さない限り、総会における投票権を喪失する可能性がある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング