写真

 9月14日、今月中に予定されている日本郵政株の2次売却をめぐり、市場に不安が広がっている。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京14日ロイター]-今月中に予定されている日本郵政株の2次売却をめぐり、市場に不安が広がっている。最大1.3兆円の大規模売り出しだが、最大の買い手とみられる個人投資家の頭からは、豪社買収に伴う巨額損失計上という「負のイメージ」が拭い切れていない。将来の成長性に不透明感が強くなっており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング