写真

米国株式市場は大幅安となり、主要3指数は揃って約3%下落した。ダウ工業株30種は800.49ドル安で終了し、下げ幅は2018年10月以降で最大だった。ニューヨーク証券取引所で撮影(2019年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ニューヨーク14日ロイター]-米国株式市場は大幅安となり、主要3指数は揃って約3%下落した。ダウ工業株30種は800.49ドル安で終了し、下げ幅は2018年10月以降で最大だった。米国債の長短金利が12年ぶりに一時逆転したことを受け、景気後退懸念が高まった。 景気後退(リセッション)入りの兆候とされる長短金利の逆転に加え、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング