写真

7月13日、米政府から不法移民収容施設の運営を委託されている民間企業の従業員930人余りが、新型コロナウイルスの検査で陽性となった。写真は4月、米サンディエゴのコアシビックが運営する収容施設で撮影(2020年 ロイター/Bing Guan)

[ニューヨーク13日ロイター]-米政府から不法移民収容施設の運営を委託されている民間企業の従業員930人余りが、新型コロナウイルスの検査で陽性となった。これら企業の首脳が13日に議会で行った証言で明らかにした。 米移民税関捜査局(ICE)と契約しているコアシビック、GEOグループ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング