写真

 7月14日、米最高裁判所は、連邦政府レベルでの17年ぶりの死刑執行について認める判断を下した。写真は執行に抗議する人々。インディアナ州テレホートで13日撮影(2020年 ロイター/Bryan Woolston)

[テレホート(米インディアナ州)13日ロイター]-米ワシントンの連邦地裁は13日、同日予定されていた連邦レベルで17年ぶりとなる死刑執行の延期を命じた。トランプ政権が目指す連邦レベルでの死刑執行の再開に待ったがかかった。 チャトカン判事は刑の執行に使用される薬物を巡る被告の訴訟は継続されるべきとして、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング