国会の質問時間に関する、メディアの世論調査結果が真っ二つに割れた。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では、野党に手厚い配分の見直しに前向きな回答が過半数に達した一方、朝日新聞社の世論調査では、「野党の時間削減に反対」が55%だったのだ。なぜ、ここまで違いが鮮明に表れたのか。世論調査は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング