スルガ銀株が反落、金融庁が一部業務停止を検討と報道

ロイター / 2018年8月15日 9時45分

[東京15日ロイター]-スルガ銀行が反落。共同通信によると、シェアハウス投資を巡る融資問題で、金融庁が同行に不動産融資業務の一部停止命令の検討に入ったことが分かった。また同日にスルガ銀行は、元社員が顧客3人の定期預金計約1億6500万円を不正に解約し、大半を取引先への融資金として流用していたとも発表している。ガバナンス機能が働かなかったことが嫌気されており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング