サウジ石油施設に攻撃、フーシ派が犯行声明 生産量の半分に影響

ロイター / 2019年9月15日 10時0分

[リヤド/ドバイ/ロンドン14日ロイター]-サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が14日攻撃された。これによりサウジの石油生産能力の半分以上が影響を受けるという。イエメンの親イラン武装組織フーシ派が、無人機(ドローン)で攻撃したとの犯行声明を出した。原油価格が上昇し中東の緊張感が一段と高まる可能性がある。 アラムコは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング