IMFが世界経済見通し据え置き、報復関税が米輸出を直撃する恐れ

ロイター / 2018年7月17日 4時45分

[ワシントン16日ロイター]-国際通貨基金(IMF)は16日、最新の世界経済見通しを発表し、2018年と19年の世界経済見通しを共に3.9%とし、前回4月時点での予想を据え置いた。 ただIMFの主任エコノミスト、モーリー・オブストフェルド氏は成長の勢いが鈍化している指摘。4月の予想では数値の端数切り捨てで3.9%となったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング