写真

 10月15日、メキシコのエレラ財務公債相は、「まだ」景気後退(リセッション)には突入していないとした上で、中西部グアダラハラや北部シウダーフアレスの公共輸送事業など特定のインフレ支出を通して景気鈍化に対処していく考えを示した。写真は9月28日、議会で話すエレラ氏。9月8日、メキシコ市で撮影(2019年 ロイター/Luis Cortes)

[ワシントン15日ロイター]-メキシコのエレラ財務公債相は15日、同国は「まだ」景気後退(リセッション)には突入していないとした上で、中西部グアダラハラや北部シウダーフアレスの公共輸送事業など特定のインフレ支出を通して景気鈍化に対処していく考えを示した。 同相は、メキシコを含む世界的な景気鈍化と、政府による追加支援策が必要となる可能性を懸念しているとし、ワシントンで行われたイベントで「そのことで夜も眠れない」と語った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング