写真

 4月15日、パリ中心部の観光名所ノートルダム寺院で、屋根が炎上する大規模な火災が発生した。12世紀に建設が始まった寺院は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に指定されている(2019年 ロイター/BENOIT TESSIER)

[パリ16日ロイター]-パリ中心部の観光名所ノートルダム寺院で15日午後、屋根が炎上する大規模な火災が発生した。消防当局の懸命な消火活動で約8時間後に鎮火し、主要な鐘楼と外壁の崩壊は免れたが、国内外に衝撃が広がった。 火事は夕方に発生、大聖堂の屋根がほぼ全焼し、尖塔も崩れ落ちた。16日午前3時(日本時間午前10時)までにはほぼ全面的に鎮火した。 消防隊は主要な鐘楼の崩落を阻止するための消火活動を行うと同時に寺院が保有する宗教芸術や貴重な美術品を運び出した。消防士1人が重傷を負った。ほかに負傷者は報告されていない。 マクロン大統領は現場の記者団に「最悪の事態は免れた」と述べた。募金活動や、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング