タクシー運転手に暴行を加え、運賃の支払いを免れたなどとして、警視庁城東署は21日までに、強盗致傷と傷害の疑いで住所不定、米国籍の自称飲食店従業員ブリテン・カペナ・カノア容疑者(27)を逮捕した。同容疑者は事件の約10分後に偶然同じタクシーに乗り、気づいた運転手が交番に連れて行こうとしたが、さらに逃走していた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング