元麻薬取締官に有罪=捜査協力者の密輸見逃し―東京地裁

時事通信 / 2017年3月27日 11時33分

捜査協力者による覚せい剤密輸を見逃したとして犯人隠避などの罪に問われた元厚生労働省麻薬取締官、奥村憲博被告(46)=懲戒免職=の判決で、東京地裁は27日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。駒田秀和裁判長は「警察の捜査が行われている可能性があると告げたのは、逃走を決意させる行為で犯人隠避に当たる」と述べ、弁護側の無罪主張を退けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング