シリア難民「診察も受けられず」=厳しい医療事情、看護師が報告―日本赤十字

時事通信 / 2017年3月27日 6時40分

紛争が続くシリアから逃れた人びとに医療を提供するため、隣国レバノンで活動してきた日本赤十字社の看護師が東京都内で帰国報告した。レバノンでは、救急医療を受ける際にも20ドル(約2200円)の初診料が掛かるが、生活に困窮する難民の中にはそれが払えない人もおり、後払いも難しい。「救急搬送されても診察を受けられず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング