「日本遺産」17件認定=忍者の伊賀・甲賀など―文化庁

時事通信 / 2017年4月28日 14時31分

文化庁は28日、文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」に、忍者をテーマにした「忍びの里伊賀・甲賀」(三重県・滋賀県)など23道府県の17件を認定した。2015年に認定を始め、今回は3回目。累計は40道府県の54件になった。建造物や遺跡、祭りなどを組み合わせて歴史や文化を示す「ストーリー」が対象になる。東京五輪・パラリンピックが開かれる20年までに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング