国有地が格安で払い下げられた問題の表面化から約4カ月、学校法人「森友学園」をめぐる一連の疑惑についに捜査のメスが入った。大阪地検特捜部の係官は、静まり返った夜の幼稚園に入り、家宅捜索に着手。保護者らは「何が法に触れるのかしっかり捜査してほしい」と期待を込めた。家宅捜索が始まったのは空に明るさが残る19日午後7時20分ごろ。薄闇の中を段ボールなどを手に列を作った係官十数人が到着すると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング