20日午前の東京株式市場は、欧州や米国の主要株価上昇や外国為替市場での円安を好感し、日経平均株価が今年最高値を更新した。午前9時20分には前日比247円15銭高の2万0314円90銭まで値上がりし、取引時間中として2015年8月以来1年10カ月ぶりの高値水準となった。海外株高、円安による企業業績の上方修正期待が投資意欲を刺激した。自動車、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング