JA職員が1.6億円着服=福井

時事通信 / 2017年8月14日 18時45分

JA福井市は14日、40代の営業職の男性職員が、15年間にわたり総額1億6千万円を着服していたと発表した。職員は調査に不正を認めており、JA側は懲戒解雇する方針で、刑事告訴も検討する。JA福井市によると、顧客の定期貯金が無断で解約されていたことが判明し、調査した結果、他の口座からも不審な出金があることが分かり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング