10月電気料金、6社下げ=原油価格下落で―大手電力

時事通信 / 2017年8月17日 17時44分

大手電力10社のうち北海道、北陸、中国、四国、九州、沖縄の6社が、10月の電気料金を前月比で引き下げることが17日、分かった。火力発電の燃料となる原油の価格下落を反映し、標準家庭で5~30円程度の値下げになる見通し。下げ幅は、北海道が30円程度と最も大きく、標準家庭の料金は約7195円となる見込み。沖縄は25円程度、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング