郵政株、追加売却模索=復興財源へ秋以降―政府

時事通信 / 2017年8月18日 16時6分

政府は、保有する日本郵政株の追加売却を模索している。当初は7月にも実施するとみられたが、株価低迷で断念。成長戦略が不明確なため現在も株価上昇の兆しは見えないものの、郵政株の売却収入を東日本大震災の復興財源に充てることは決まっている。政府は秋以降の売却を目指し、最適な時期を慎重に探る構えだ。2007年に民営化した郵政グループは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング