富士通、携帯事業売却へ=来月にも入札

時事通信 / 2017年8月22日 10時35分

富士通が携帯電話事業を手掛ける子会社の売却に向けた調整に入ったことが22日、分かった。9月にも入札手続きを開始する予定で、事業会社や投資ファンドからの応札を見込んでいる。売却額は数百億円規模を想定。売却後も株式の一部を保有し、事業への関与を続ける。富士通はNTTドコモ向けを中心にスマートフォンや携帯電話を生産し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング