防犯カメラ映像消える=障害者施設で暴行前後―栃木

時事通信 / 2017年9月13日 19時6分

宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者の男性(28)が骨折などの重傷を負った事件で、施設に設置された防犯カメラから、事件前後の録画映像が消えていたことが13日、捜査関係者などへの取材で分かった。栃木県警は、何者かが意図的に映像を消した可能性もあるとみて、押収したハードディスクを解析するなど捜査を進めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング