系列12店を立ち入り検査へ=O157食中毒で女児死亡―群馬県など

時事通信 / 2017年9月14日 20時11分

前橋市内にある総菜店で販売された炒め物などを食べた女児(3)が腸管出血性大腸菌O157による食中毒を発症し死亡した問題で、群馬県などは14日、県内の系列店12店へ順次立ち入り検査することを明らかにした。感染経路が特定されていない中、店内の調理器具などの管理が適切か確認し、再発防止を徹底する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング