北方領土、初の空路墓参=元島民ら70人、現地に宿泊

時事通信 / 2017年9月23日 19時42分

北方領土の元島民らが23日、国後、択捉両島へ初の空路墓参を行った。早朝にチャーター機で北海道の中標津空港を出発。夕方に戻る予定だったが、現地の天候不良の影響で、急きょ一泊することになった。元島民とその家族、政府関係者ら約70人が参加した。元島民らを乗せたチャーター機は国後島で同島出身者らを降ろした後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング