与野党幹部、10月衆院選へ疾走=「戦いの日迫る」「野党連携を」

時事通信 / 2017年9月23日 20時46分

与野党幹部は23日、安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で衆院解散に踏み切ると想定し、党の会合や遊説に臨むなど、10月衆院選へ向け早くも走りだした。自民党の二階俊博幹事長は地元和歌山市での党県連会合で「いよいよ戦いの日が迫ってきた。日ごろの訓練の成果を十分発揮できるように、相互に協力し合いながら戦いに挑みたい」と檄(げき)を飛ばした。麻生太郎副総理兼財務相は宇都宮市で講演し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング