新興右派の内紛、早速表面化=「党の顔」下院会派参加せず―独

時事通信 / 2017年9月25日 20時0分

【ベルリン時事】24日投開票のドイツ連邦議会(下院)選挙で国政進出を果たした新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の内紛が25日、早速表面化した。「党の顔」として党勢拡大に貢献してきたペトリ共同党首が下院のAfD会派に加わらない考えを表明。党内の路線対立が深刻化しつつある。ペトリ氏は25日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング