「異常な勤務、なぜ放置」=NHK記者過労死、両親が会見

時事通信 / 2017年10月13日 17時39分

NHKが記者佐戸未和さん=当時(31)=の過労死を公表したことを受け、両親が13日、厚生労働省で記者会見し「異常な勤務がなぜ放置されたのか理解できない。時間外労働のルールが厳格であれば死なずに済んだのではないか」と労務管理の徹底を訴えた。未和さんは2013年7月に過労死。両親は赴任先のブラジル・サンパウロで長女の訃報に接したという。未和さんは当時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング