小池氏、大連立否定=姿勢を転換【17衆院選】

時事通信 / 2017年10月13日 18時51分

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日、衆院選後の自民党との大連立の可能性について「ございません」と否定した。小池氏は公示前の党首討論会で大連立を排除していなかった。報道各社の情勢調査で希望が伸び悩んでいることを受け、姿勢を転換したとみられる。小池氏は「希望の党とすれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング