4人乗り空自ヘリ墜落か=海上で機体の一部発見―静岡・浜松

時事通信 / 2017年10月17日 19時41分

17日午後6時ごろ、浜松市から約30キロ南の沖合で、航空自衛隊浜松基地所属のUH60Jヘリコプターがレーダーから消えた。海上では部品らしき物が発見され、墜落した可能性がある。防衛省によると、ヘリは当時、夜間の救難訓練を行っており、乗員4人が乗っていた。自衛隊のヘリが捜索に当たっている。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング